ラインスタンプを作ってみて気づいたこと

ラインスタンプを作ってみて気づいたこと


40個という壁がありましたが、10月に8個から登録できるようになったので、早速登録してみました。そこで気づいたことがいくつかあったので作成から販売までの流れとともにご紹介します!

LINEクリエイターズマーケットとは?

誰もが利用しているLINE、そのスタンプも豊富で皆さん何かしら使っているのではないでしょうか? オフィシャルでauだったりディズニーやアニメだったりとたくさんのスタンプが販売されているのはご存知だと思いますが、自分で作成したスタンプを無料で販売することもできます。それがLINEクリエイターズマーケットです!LINEのアカウントさえ持っていればすぐ登録することができます。

LINEクリエイターズマーケット

linecreatorsmarket
スタンプだけでなく着せ替えも登録することができます!

 

販売方法なども詳しく書いているのでチェックしていただければと思いますが、作っていく中で僕が気づいた点についていくつか紹介していきたいと思います。

LINEスタンプ初めて作ってみた!

クライアントさんなんかに個人のスタンプを作ってあげたら喜んでいただけるのでは!なんてことがきっかけで作ることにしたんですが、40個ってほんと大変だなと思っていたところ、2016年10月ごろから8、16、24、36、40個から登録できるようになり早速作りだめていたものの一部8個を登録してみました。(動くスタンプは8,16,24個から登録できます)

ghostssticker
おしゃれなオバケがコンセプトです。

実際に僕が作ったものですが、最低の販売価格が決まっていて120円からとなっています。無料では登録することができません。そして驚いたのは、

自分で作ったスタンプも購入しなければならない。

ということ。まあ別にいいんですが、戸惑いましたね。

もともとうることを前提には作っていなくて、自分で使えればいいかなという感じで作っています。なぜって現在クリエイターズスタンプの登録数は30万件ほどあります。報酬に関しては、50%となっていますが、だいたいLINEコインで買われるので1つ40円程度。何個売ればいいんだって話ですね。

それでも売れるスタンプの作り方など書いている記事はたくさんあるのでみてみると参考になるかと思います。一つあげて置きますね。

へたくそでも大丈夫!12万個売れてわかったLINEスタンプの作り方【アイデア編】

LINEスタンプを作ってみて、使ってみて気づいたこと。

審査申請をかけたのが、11月30日、承認の連絡が来たのが12月6日なので1週間ほどで完了したことになりますね。前までは、半年かかったなんて話もあったみたいですが、かなり嬉しい。それで早速購入して、使ってみて気づいたことを紹介します。

1, 文字が見づらい。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-06-19-45-23

ラインの背景によって見づらい色が出てきます。通常は画像のような青い背景かと思いますが、5分でつく!が少し見づらいですよね。

背景を変えている人もたくさんいると思うので、それに対応できるようにはどうしたいいのか。

・文字に縁をつける。

・文字や絵に背景色をつける。

といったところでしょう。僕はイラレで作ったので、その手の編集は簡単にできますが、もちろん一度審査が承認されて販売許可が出たものを編集することはできません。するならまた別に作り直すしかないでしょう

2, 8個ってちょっと少ない。

とりあえず最低の8個で登録しましたが、実際使おうと思うと、ちょっと充実感に欠けるなという印象です。もちろん最低120円で8個と40個どっちを選ぶかといえば後者になるでしょうし、それは人それぞれだとは思いますが、頑張って16個にすればよかったかなと感じました。

3, 自分で作った分、愛着はある。

僕なんかは、一度もお金をかけてスタンプを購入したことはありません。たまにフリーのものから良さそうなスタンプをダウンロードするという感じでしたが、結局期限があったりで使わなくなることもありますが、自分で作ったものに関しては期限もなく、自分が欲しい!と思ったスタンプを作っているので、かなり使えると思います。特に僕が欲しかったのがこれ、%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-06-19-58-38

さっきも出ましたが、「ちょっと待って」みたいなスタンプはあるんですが、具体的にどれくらい待って!というのがなかなかなかった。5分でつく!とテキストで送ることが多くて欲しいなと思っていたのがこれ、まず最初に思いつきました。

実際デザイナーやイラストレーターばかりではなく一般の方の登録も多いという情報もどっかで見たことがあるので、8個くらいなら誰でも作れるのではないでしょうか?

もしできなくてもデザインの案さえもらえれば、僕が作ります笑

LINEスタンプまとめ

まず自分のを作って見て色々気づいたこともあったので、クライアントに頼まれた時にいいものを作れるベースはできたかなと。次は、動くスタンプを作った時に記事を書こうと思います。animateを使って簡単に作れるであろうと踏んでいるので、やはり動いた方が、見た目に惹きつけるし面白いですから。

せっかく無料で審査も1週間ほどでできるので、隙間時間に作ってみるのも良いのでは。